読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パラレル通信⛷


昨日の夜

お風呂のお湯と

こんな話をしました



ファティマさん

違う世界と 間もなく重なりそうですね





どうして



どうして わかるの?






だって 揺らいでるじゃないですか?




????




分かりませんか?


振り幅がだんだん 大きくなってきてる




???



そして重なりながら 小さくなっていくんです


今まで 何度か こんな経験をしましたが

今度の世界は 今の世界とほとんど 変わらないような感じですね




どうしてわかるの?




だって すでに その世界が見えたり 隠れたりしてますから


強いていうなら

あちらの世界の方が こちらより 癒されてるというか…

この世界のように ギスギスした感がないというか…



んー



音が…違うのかもしれない







音?( ̄(工) ̄)



んー

こいつ…誰かに言わされてるんじゃないかと

ついつい疑いたくなるのですが…

私は前に

薔薇のアンちゃんに

人を疑うもんじゃないですよ…

と言われたことがあって…



疑いたい気持ちを ググーっと押さえつけて話を聴いていたりするのです







もうすぐよ

もう直ぐ AKIとあなたの世界が始まるの



この世界では AKIが伝えたいことを 歌にしてきた

次の世界では あなたの愛がAKIの歌に乗せて 世界を癒して回るのよ




ちょっと待って

ゴメンねAKI

ここからは ファティマに教わった通りに書いてます

私の一方的な手紙に不平不満が沢山おありでしょうが

近いうちに お会い出来ましたら  その際に 全て伺いますので 少々お待ちくださいませ




ファティマ

と言うことは

次の世界では

今の世界が必要としてるものをAKIが世界に届けるって考えてもいいの?




そうよ




AKIには そんな考えはないかもしれないけど

結果的には

そういうことね



ファティ

そしてAKIは あなたがいないと 生きていけないことも

あなたなしでは それが成し得ないこともちゃんと分かってる


だから

どこにいくにも一緒



ファティ

あなたも AKIの愛に包まれていれば 幸せは続いていくから



今の100倍

それ以上かな…





ファティマは

きっと こうやって 私をあなたまで届けるんだ

まだ 使命感がほとんどない私を

使命感でいっぱいにして




ファティマ

また 聞かせてね

パラレルワールドの話