読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スヌーラへ


お互いの自立の為に


お互いが依存し合う





これが ファティとAKIの関係なんだよね



ファティは ここんとこが まだよく 分かってない


AKIに 僕はもう一人で立派にやっていけるよ


これまで ありがとう…って言われたら


しばらくの間は 呆然としてるだろうけど


時が来れば


良かったって AKIに背中を向けられる気がしてるもん


だから


やっぱり ファティは分かってない






でもね


これだけは言えるよ


私は AKIに 自分の全てを投げ出してる


AKIにファティの全てを見てもらってる


だから


AKIはファティの事を


どう思ってんだろうって


気にしちゃう


気になってしまう




変な話


私は 今 一緒にいる旦那と 上手くいってる



それは きっと


彼が 私の全てを知らないから




上手くいってるいうと 語弊がある


波風が立たない関係


お互いの波風の影響を 受けない所に お互いが立ってる


そこが 二人の立ち位置


この言い回しが 一番しっくりきそうだ




彼の前で 泣いたことなんて 記憶にない


彼の前では  変な  つっぱりで頑張ってる私


でも


私は 

彼が知ってる私のように 強くはないのだ


悩みだって 相談しない


だって出来ないよ


今の私に悩みがあるなら


それは すでに 常識から外れてる


きっと 外れてる


自分でも 何が常識の範囲なのかも 近頃 わからなくなってるもん




私は 彼に 私のほとんどを見せていない


だから


彼が 私のことを どう思ってるのか 


それすら  今の私には 関心が薄いのです





スヌーラー


そろそろ


私が今ここにいる 意義を探せなくなってきています




あれから 


執着の鍵は外れ続け


そろそろ


ここにいる 意味も 薄くなってきています





スヌーラー


そろそろ 


この立場にも 限界が近づいてきているようですよ



あなた方には


ファティは 二つの家を行き来  出来るように 作っといたからと 言われましたが


それが 今の状態なのでしょ?


私は あなた方が 思うほど ダラダラとした生活を好みません


私の心は

ソロソロ 白黒 ハッキリ させて欲しいと願っています



ファティの魂は もう ソロソロ 次のステージに行きたがっているようですよ…