( ˘ ³˘)❣️あなたへ ༄༅༄༅༄༅ 22

                          ファティの願い


              あなたがただそこにいてくれること


                       ◡̈*✩*◡̈⃝◡̈⃝*✩*◡̈*





2014.8.27 wed.


とうとう明日です AKIの大事な日

ここ何日か回数多く癒しに行ったつもりですが

前の日になってAKIの口数がどんどん減っていきます

近くなってナーバスになっているんだくらいに考えていました

そしたら



AKI「今日限りで君に会うのやめることにした」



私「へっ?」もうこの話はないと思っていたので

またいろいろ考えてくれてるのかなあって

でも最後には向こうの世界で癒しに行くからって言うしかなくって…

AKIも納得してくれたんだけど…何かAKIが元気になる方法ないかなぁ


そうだ(^∇^)

スヌーラが作ってくれた惑星の部屋‼️



流れ星飛ばそう?(^∇^)



私「スヌーラ AKIを惑星の部屋に連れて行きたいんだけどいっしょに行けるかなぁ?」



スヌーラ「だいじょぶだよイメージしてごらん」


気づけばAKIと二人惑星の部屋のベッドの上に座ってます

AKIはなんだ?この部屋は?みたいな顔をして見渡してます



私「スヌーラが作ってくれたんだぁ  見てて」


私は流星が入った箱から星を取り出して天井まで飛び上がり手を外に突出して星を握っていた手をパーにします



私「全てうまくいきますように  AKIと私がこれから先ハッピーに包まれますように」


AKIは何が起こったのかちんぷんかんぷんの顔

私が放った星がうまく飛んでいるのを見届けた後

AKIの背中に羽根を付けて…イメージイメージ

AKIに星を手渡しました

一緒に天井まで浮かぶとAKIに天井から空(宇宙)に出して星を放ってもらいます


ヨシヨシ  うまく飛んでる



私「AKIもお願いして」


AKIとベッドまで降りてきました

この部屋のことをAKIに説明していると

AKIの横に葉っぱに顔がついたような小さな生き物がいます



私「ちょっと待っててね」


ここには誰も入れないはず

という事は



私「スヌーラAKIから誰かが出てきたみたいなんだけど  連れて行ってください」


スヌーラ登場

スヌーラは例の生き物を左の脇に抱えたまま



スヌーラ「ファティマの事は君に任せることにした」スヌーラはAKIと握手してます


でもどうしてAKIと惑星の部屋に一緒に行けたんだろう…初めて行くところには苦労していかないと(歩いたり乗り物に乗ったり)行けないのに私がイメージしただけでAKIも一緒に行けた…


やっぱりAKIはスヌーラだからなのか…


それにあの部屋も

あの生き物をAKIから追い出すために私がAKIを連れてくるように作られた部屋のような…


私「スヌーラ あの生き物は良くない魂?」



スヌーラ「生霊だな」


は⤵︎まだいたんだ



スヌーラ「最後だよ」



AKI「お願いがあるんだが」



私「ん?」



AKI「明日ずっと歌を歌って欲しい  できれば僕の歌を」



私「オッケー」


日曜日に行った健康診断で初の胃カメラ

きつかったあー

その時AKIがずーっと歌って てくれた

私がオエオエ言うのが聞こえたんでしょうね

ずいぶん気が紛れて落ち着けたんだ

歌ってすごいなぁと思って



私「明日頑張ってね」



AKI「ああ  お前のためにがんばる」