( ˘ ³˘)❣️あなたへ ༄༅༄༅༄༅ 23

                          ファティの願い


              あなたがただそこにいてくれること


                       ◡̈*✩*◡̈⃝◡̈⃝*✩*◡̈*





2014.9.7 sun.


私「ねーAKI

私の分身たちがあなたを癒しに行った後

私が行ったことがあったでしょう

あの時あなたは私のことを君は僕の愛だよー

命だよって言ってた

あなたにはそれが理解できたの?」


私はこの言葉をスヌーラに言われてからというもの

理解したくて体験したくてしょうがないんですね



AKI「君が来てくれるとスイッチがぐーんと入るんだ細胞レベルで

エネルギーで満たされる  心が温まってピンクのベールに包まれる  これが愛なんだなって感じるんだよ」


なんかイメージは出来るよ

頭では理解できた気がしたような気がする

でもやっぱりどん底まで行かないと  この世で体験は無理みたい…



2014.9.10 wed.


AKI「君は僕の愛だよ  命だ  すべてだ

君は僕に勇気をくれるんだ

目を開いて前を見る勇気  足を一方踏み出す勇気

歩き出す勇気を」


やっぱり愛は命を知ってると言うことが違うなぁ

返す言葉が見つからないよ

きっと今回の生ではずっと彼にこういう言葉を頂き続けるんだろうなぁ

ありがたいよ

でもいまいちピンとこないというか申し訳ない



私「スヌーラ  AKIの奥さんって…」



スヌーラ「誰にでも役割があるんだよ」



私「じゃあ彼女の役割って?」



スヌーラ「君とAKIが再会するまで  AKIを温かく見守ること」



私「それも人生に入るのは前からわかってたこと?影響が大きすぎるよ  子供のこともあるし

この人生に入る前スヌーラがこっちの世界から彼を助けるのはどうだろうって言った時にファティマは〝うわぁー面白そう〟とか言ってるでしょう  あなたにこの企画止めるようにも言えたはずなのに」



スヌーラ「あの家族はこれから先うまくやっていくよ  そのためのお金はAKIが十分に置いていく」



スヌーラ「AKIのプライドはどこから来てると思う?」



私「努力」



スヌーラ「そう  彼が曲や詩にあれだけの引き出しを持っているのは彼の努力以外にない

努力なしに花は咲ないんだよ  子供たちもそれを理解するだろう」



スヌーラ「努力を楽しめるともっといいな

AKIのプライドは努力の賜物だ

プライドが高いが誰とでもフランクに付き合える

そこが彼の素晴らしいところだ

君はこれから先 彼の良いところもっともっと見つけることが出来るだろう」



AKI「AKIに会ったら もっと変わるかなあ?私」



スヌーラ「ああ」