☆ 真実


                          ファティの願い


              あなたがただそこにいてくれること


                       ◡̈*✩*◡̈⃝◡̈⃝*✩*◡̈*





2014.7.1 tue.


スヌーラ「今日は君に真実を見せるからおいで」


大体10日にMさんが飛行機に乗ってこっちに来れるわけがない

色々と考えだした私にスヌーラがこんなことを言ってきました


真実?真実って?


今日はノンヘミでスヌーラの元へ



私「スヌーラー」


スヌーラは手をニュ〜っと伸ばして受け止めてくれます



スヌーラ「おいで」


スヌーラに手を引かれ今日は上へ上へと上がって行きます

いくつかの層を通り過ぎました

ついたところは真っ青な空  足元下のほう〜〜に白い雲が広がっています



空気が澄んでる〜



スヌーラ「F27と呼ばれているところだよ」


白くて大きな門をくぐってしばらく進みます



スヌーラ「生まれ変わりセンターだ」



あれーっ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:




見えるようになってますねぇ

はっきりでは無いけど



目の前に青い人が二人

二人の背中が見えます

一人はスヌーラだな   もう一人は女性の声…


私?



二人でドーム型のプラスチックで出きたような窓を覗き込んでいます



青い女性「あなたが愛してくれるんでしょう?」



青いスヌーラ「もちろんだよファティマ」



青いスヌーラ「どん底を経験する計画にしたいんだ」



青い女性「じゃぁどん底にいるあなたを私が助けるのね?」



青いスヌーラ「こっちの世界から助けるのはどうだろう?」



青い女性「うわぁ面白そう」



青いスヌーラ「ちょっと待ってて  歌で成功したいから観音様に頼んでくるよ」



青い女性「楽しい人生にしようね」



青いスヌーラ「ああ  最後だもんな」




スヌーラ「おいで」


このあとスヌーラとMさんのレスキューに向かいます



私「しまった」



スヌーラ「どうした?」



私「もう少し二人の会話を聞いておけば近い未来のことがわかったかもしなかったなぁ」



スヌーラ「楽しみにしておいで」クスッ