ごめんなさい…

AKI…

あのね


ファティはあなたの心が正直どこまで浮上してきているのか 把握できていません 


あなたとの事は

あなたと思い出を共有したいという想いから  包み隠さず綴りたいと思っています


でも 私はあなたに不快な思いをさせようなどという気持ちは一切ありません

せっかく前を向いて歩き始めたあなたの妨げになるようなことがあれば 直ちに手を止めるつもりです


今あなたは 一つの目標に向かって集中しています



わたしには すでにアルバムの中のページ

振り返るとあなたと歩んできた過去の道のりがふたりの後ろの方へとつづいています

私には未来へと続くAKIとファティの大切な過去なのですが

もしかしたら あなたとの事をあなたとの過去を懐かしむのは少し早すぎるのではないかと懸念しています


早すぎることはないのであれば

今 すべき事ではないんじゃないかと思い始めてます




始めたばかりで申し訳ありませんが

この続きをここへ書き込むかどうかは

あなたの心をもう一度確かめてからにしたいと思います ( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )