☆ ファットさんの場合2

2015.6.12


囚われの領域リトリーバルダイジェスト

ファット君 ⑶



❤︎9回戦❤︎


私「こんにちは」


ファット君の体は一段としぼんできた感じ

頭の上に乗ったお皿も前に比べると小さくなっています


私「深呼吸3回しようねー」


深呼吸の後ファット君の所へ



私「どう?」



ファット君「僕ねお菓子食べてないんだよ」



私「本当?」



ファット君「おにぎりの周りにお砂糖をつけるけどお菓子は食べてない‼︎」



私「すごい  すごい 頑張ろうね」


ファット君にムースを塗ります



私の力を生きている人たちに貢献できないかなぁ

幸せのお手伝いができないかなぁ

そんなことを考えています



❤︎10回戦❤︎


私「こんにちはファット君」


すごい  すごいファット君

ちょっと大きい子供になってるよ



私「ファット君やったねー」



ファット君「僕 今ねー果物しか食べてないんだよ」



私「そうなんだ」


ホントお皿の上にはみかんが1個乗ってます



私「深呼吸しようね」3回深呼吸


ベンチに横になってくれたファット君にムースを塗ります



私「あともう少しだからがんばろうねー」



❤︎11回戦❤︎


スヌーラ「ファット君がもうすぐ上がりそうだよ」



私「こんにちはファット君」


おーファット君  昭和初期の男の子がしていたような格好  半ズボンにタンクトップ 頭はいがぐり坊主



ファット君「僕 はるお だよ」


日本人だったんだー  嬉しいよお

はるお君をハグハグ


残念ですがここで寝落ち*1..zzzZZ

ごめんね はるお君



❤︎12回戦❤︎


私「こんにちは はるお君」


おお はるお君 隣にリンゴが乗ったお皿を置いて座ってます



私「はるお君  まったく太ってないよ  全然太ってない」深呼吸3回します



はるお君「僕ねこの後天国に行くんだ」



私「連絡があったんだよね」


はるお君にブレスレットを渡します



私「私の癒しで天国に行ってくれた人にプレゼントしているの」



はるお君「冷たくして欲しかったんだ  冷たくして欲しかったんだよ  でもいつも温かくしてくれるから  いつも温かくしてくれるから  僕ファティマさんとの別れが悲しくて(T ^ T)」



私「はるお君…」(T ^ T)



はるお君「僕天国に行ったら幸せになれるかなぁ?」



私「なれるよ!君は今幸せじゃないのかな?」



はるお君「幸せだよ 僕幸せだよ」よかったよかった


幸せは自分の中にある  場所じゃない

そんなことを思い出していました

はるお君に最後のムースを塗ってお別れをしました



スヌーラ「まいさんとアイさんも上がったぞ」

*1: _ _