☆ ファットさんの場合

f:id:icucoyanai:20161021150714j:plain


2015.6.12


囚われの領域リトリーバルダイジェスト

ファット君 ❷



❤︎3回戦❤︎



私「こんにちは」


ファット君にペロペロキャンディのお礼を言います



私「彼にも渡したから」


洞窟の入り口に立っているスヌーラを二人で見ますスヌーラ小さく手を振ってくれます


深呼吸はまだ無理かなぁ…とか考えていると



ファット君「僕さあ お菓子やめたいんだぁ」



私「やめたいんだ

でも無理に止める事はないよ

体が必要としなくなったら自然と食べなくても済むようになるから」



ファット君「ほんと?」



私「うん」



私「とりあえずムース塗ろうね」


ムースを塗ってタイマーセット

ファット君の洞窟を後にしました



❤︎5回戦❤︎


私「こんにちは」


ファット君いつも膝の上に置いているお菓子のお皿を頭の上に紐でくくりつけています(もちろんお皿の上にお菓子あり)ここまでして協力してくれるなんてうれしいですね

思わずファット君をギューしてしまいました

ファット君かわいすぎ(≧∇≦)



私「深呼吸しよう

まず肺にたまった空気を全部吐くよ

そしたら 空っぽの肺に新鮮な空気をいーぱい入れてあげようね」


3回深呼吸



私「ありがとうファット君」


ムースを塗ってタイマーセット



❤︎7回戦❤︎


私「こんにちは」


ベンチに座るファット君を見ると

ぱっと口を塞ぎました



私「隠さなくてもいいよ」(⌒-⌒; )


ファット君は急いでお皿を頭の上に乗せ下顎の下で紐を結んでます

口はもぐもぐしています



私「ありがとう深呼吸しようね」3回深呼吸



私「ムース塗ろうね」



ファット君「お菓子の中で太らないものってあるの?」



私「う〜ん洋菓子より和菓子の方がバターなんか使ってないし いいかもしれないよ」


ファット君にムースを塗りました



❤︎8回戦❤︎


私「こんにちはファット君」


ファット君はベンチに置いたお皿の上のお菓子をベンチに横向きに座って ものすごい勢いで両手を使って食べています

私に気づいてハッと手を止めるファット君

なんだかファット君一回り大きくなってない?

ファット君は急いでお皿を頭の上に乗せ紐でお皿と自分の顎結んでくれました



私「深呼吸しようね」一緒に3回深呼吸をします



ファット君「あのー僕ファティマさんと会うたびにいい気分になって食欲が増して仕方がないんだよー」


ありゃぁ  どうしよう



私「そうだファット君おにぎり作れる?ちょっと待っててね」


私は1口で入る位のおにぎりの中にチョコレートを入れました

おいしいかなぁ…



私「食べてみて 」



私「大丈夫?」



ファット君「大丈夫だよ」



私「じゃぁ少しずつ中に入れるお菓子の量を少なくご飯の量を増やしていこうか」


ご飯のカロリーが気になりますが

お菓子を止められれば他のおかずを加えていくことができるかもとか考えながらムースを塗りました