☆ リトリーバル 一回目終了です

2014.3.3



金星の前にいます

前よりも増して金星を取り巻く愛のエネルギーの層が厚くより濃いピンクになっています



私「こんにちは金星さん」



金星「ヴィーナス待っていましたよ  ファティマさんヴィーナスをお願いします

ヴィーナス

あなたの最後の人生が始まります

楽しんでちょうだい」



ヴィーナスの人生も最後なんだ



マーガレットちゃんはいつの間にか全身がゴールドに輝いています

でも不思議とまぶしくはない

体の大きさも大人並み

手足が長くてすーっとしています

私とヴィーナスは両手を取り合って宇宙空間に立っています



私「ヴィーナス  200年間 私にいつも寄り添ってくれてありがとう  いつも私を助けてくれてありがとう」



ヴィーナス「これからもずっとずっと仲良しでいましょうね」



月に戻るとヴィーナスはマーガレットちゃんの姿になっていました



そうだ  スヌーラのところに行かなくちゃ!



私「スヌーラお待たせ」



スヌーラ「待ってたよ」



青いスヌーラが迎えてくれます

スヌーラと一緒に洞窟へ向かう途中自分の体の変化に気がつきます

体が青い  全部青い私今アンドロメダ人になっている



私「スヌーラぁ」



スヌーラ「綺麗だよ」


青い体でいることを素直に受け入れられている自分がいました

この姿でアンドロメダの両親に会いに行ける…

スヌーラと手をつないで洞窟までひとっ飛び


洞窟に着くと 私はいつものように人の姿



私「こんにちは」


ベンチに座る二人が後ろを向いて手を振ってくれます



コーちゃん「あのねあのね  今日天国に行けることになったんだよ」



私「そうなんだってねーよかったね」



キヤットさん「あなたにはなんとお礼を言ったらいいか」



私「お二人で天国で幸せに暮らしてくださいね」



二人に最後のムースを塗りました





スヌーラ「終わったな」



私「うん」



スヌーラ「これから何がしたい?」



私「そあだなぁ  アンドロメダのお父さんとお母さんに会って  2人の思い出の場所とかあったら行ってみたいかなぁ  あとはスヌーラが連れて行きたいところでしょう…」



気づけばいつか二人で話しているときにいたあの湖…木の枝に座っています

周り一面が湖で 水の中から木が一本だけ生えてるのその木の枝に座ってるんだけど…

この前と違って枝ぶりが細い細い

二人で座って大丈夫か?と思ってたら

二人とも落ちた  水の中に落ちちゃった



私「ギャハハ」(爆笑)


おっかしーい

おちちゃったよぉ


こんな オチでした  ちゃんちゃん(⌒▽⌒)