☆ lucky♡

2014.1.1


年が明けましたが一応喪中なのでおめでたい言葉は控えておきます

個人的には人の死がよくないこととは全く考えていませんが  寂しさいっぱいでお別れしないといけない人もいるでしょうから喪中は喪中であっていいと思います



私「世知辛い世の中をどうやって生きれば幸せになれる?」



スヌーラ「愛を中心にしてもごらん  家族もそうだ

仕事もそうだよ  愛のある仕事にはお金も入ってくる  その職場でいいか悩んでいるんであれば  そこに愛があるか考えてごらん  ワクワク感があればもっといい

アメリカでクリスマスに恵まれない人の為に100ドル紙幣を毎年配ってた人の話を聞いたことがあるだろ彼は配りながら何を考えていたと思う?

ヒーローの気分かな?  違うなクリスマスは暖かく笑顔で過ごしてほしいとみんなのニコニコ笑う笑顔を想像して配ったんだ  愛があるだろう

彼は今や大富豪だよ」



私「そうか愛を中心にするね

今年の抱負にしよう」




✳︎✳︎✳︎最近起こったラッキー✳︎✳︎✳︎



✳︎年末にまたもや鳴らしてしまった西鉄の改札


私「またやっちまった」



スヌーラ「君の為さ」


もたもたしてる間に  電車がいっちゃいました⤵︎


君のためって電車にインフルエンザの人でも乗ってたのかなあ


駅員さんの所へ行ってカードを確認してもらうと



駅員さん「今年で切れるポイントが1600円分もあるよ  もったいないから使えるようにしておくね」


うわー(^∇^)これだったのか君の為って

ありがとうスヌーラ❤︎



✳︎お正月に行ったスキー場で

その日は午後から子供のスキーレッスンを入れてました

朝ごはんを食べ終わって 部屋へ戻ると


スヌーラ「ゼッケン忘れてないか?」


そうね ゼッケン  ゼッケン

スヌーラが前の晩からゼッケン ゼッケン言うんだぁ

ゼッケンとはスキーレッスンで使うゼッケンです

ゼッケンは前の晩に子供のスキーウエアのポケットに入れました


朝からレッスンがある山の隣りの山でスキーを楽しみ

下のレストランで食事

気づけば レッスン30分前

旦那は歩いて隣りの山まで戻れると思ってたようです

が…無理なことが判明

リフトのところでおじちゃんに聞くと



おじちゃん「動かない方がいい  スクールに連絡を取ってあげるから 待ってなさい」



あせる旦那

隣りの山に行くには 一度リフトでこの山の上に登って

別のコースを滑って降りて 隣りの山に行かなくてはいけないようで

子供がいるし…30分じゃ無理かな…

その時

たまたま?リフトに乗ろうとしていた女の人が わざわざ戻ってきて…

ゴーグルを外すと 何と 昨日子供がスクールのレッスンを受けたインストラクターでした



インストラクター「あれー君はきのうの…」



事情を話すと それならと一緒に連れて行ってもらえる事に

リフトに乗る前に ゼッケンを付けてと

ゼッケン忘れてたら また大変でした



私達「いってらっしゃーい よろしくお願いします」


正月早々のラッキーでした

スヌーラありがとう❤︎



そういえば  最近ラッキーがないなぁ……( ̄(工) ̄)